遺言執行者の選任申立て、遺言執行業務の代行なら

遺言執行者とは

遺言執行者とは、遺言の内容を実現する者ですが、通常、遺言書に指定がなされるのが通常です。

ただ、遺言によって遺言執行者が指定されていない時や遺言執行者が亡くなったときは、家庭裁判所に対して、遺言執行者を選任するよう申し立てることが出来ます。


遺言執行の申立て、遺言執行業務の依頼など相続に関するご相談は、TKY法律事務所(横浜駅徒歩3分)にお任せ下さい。初回法律相談は無料(1時間以内)ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

遺言執行者の選任申立て

遺言執行者は何故必要なのか

遺言が残されていたとしても、実は、それを実現するのが簡単な事ではありません。

例えば、預貯金を長男に相続させるという遺言があったとしても、遺言執行者がいなければ、金融機関は、全相続人が同意する旨の印鑑を要求してくるのが普通です。

しかしながら、この遺言に、他の相続人が不満な場合、そう易々と印鑑を教えてはくれないでしょう。

こういう場合に、遺言執行者が必要になるのです。

管轄裁判所

遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、利害関係人が、申立書と必要書類を提出することになります。

必要書類の収集

申立書の他、遺言書写し、遺言者の死亡の記載のある戸籍謄本、遺言執行候補者の住民票、利害関係(相続人、遺贈を受けた者など)を証する資料(戸籍謄本)等が必要になります。

遺言執行手続

遺言執行業務の具体例としては、預貯金の払戻しや、不動産の移転登記手続きを行うことなどが挙げられます。

預貯金の払戻しについては、金融機関毎に、多少扱いが異なることもありますし、必要書類等を集めることに手間がかかる事があります。

遺言執行業務について、弁護士にお任せすることも出来ますので、お気軽にご相談下さい。
横浜駅徒歩3分 相続問題(遺言書・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄等)はTKY法律事務所にお任せ下さい。無料法律相談(初回1時間以内)を行っております。

法律相談のご案内

・相談料:初回無料(1時間)

・相談日時:平日午前9時30分~午後8時 土曜午前10時~午後5時

・予約受付電話番号:045-451-3351

・予約フォームによる予約はこちら

相続以外のご相談

相続以外のご相談は、弁護士法人TKY法律事務所横浜オフィスの総合サイトをご覧下さい。

那覇オフィスのご案内

弁護士法人TKY法律事務所(那覇オフィス)のホームページはこちらをご覧下さい。
Powered by Flips
編 集